監視カメラや盗聴器、防犯グッズに関して教えます

防犯グッズ通信

ニューエントリー

防御

防犯グッズというよりは、住宅設備の一つと…

目的

監視カメラの目的は多く、防犯、防災、計測…

種類

盗聴器の構造は簡単であり、基本的にワイヤ…

概要

bouhan

防犯グッズは、主に「設備」と「装備」に分けられるが、ここでは個人が携帯所持するものを説明する。
防犯グッズは、大きく分けると能動的装備と、受動的装備に分けることが出来る。

能動的装備とは、警棒や特殊警棒といったものから、催涙スプレーやスタンガンなどの非致死性攻撃装備の事である。
受動的装備とは、防弾チョッキや防刃ベスト、ヘルメットや盾といった防御力を向上させる装備の事である。

この他にも、警笛や防犯ブザーといった周囲に助けを求めるための防犯道具もある。
このような防犯グッズは、不審者や犯罪者への対策として、2000年代より公共施設等に設置されている。
また、一部の民間施設や公共施設には、犯人の追跡を可能にさせる「カラーボール」や「カラースプレー」等が設置されている。

スタンガン

bouhan2

防犯グッズで有名なものに「スタンガン」がある。ここでは、そのスタンガンに関して説明する。

スタンガンは、5万~1000万ボルトの電圧を流すことができ、50万ボルト以上になると厚手のコートの上からでも効果があるとされる。
威力としては、電流が流れると筋肉が収縮し、本人の意志とは関係なく身体の自由が効かなくなり気絶することもある。
また、形状としても多くのものがあり、警棒の中に仕込まれているものや携帯電話に偽装したモデルもある。

特殊なタイプのスタンガンもあり、ワイヤー針を発射してそこから電流を流す「テイザー銃」というものもある。
また、対人以外の用途でも家畜を追い立てる為や、野生動物への対策の為に使用されることもある。

子供用

防犯グッズは、成人が持つ事の用途もあるが、子供用の用途としても存在する。
子供用防犯グッズの特徴として、「ブザー」が多用されていることである。
これは、大音量を出すことにより、周囲の大人に知らせることができるからである。

ニュース

2014/04/03
防御を更新しました
2013/10/15
目的を更新しました
2013/10/15
種類を更新しました

ピックアップ

防御

kagi

防犯グッズというよりは、住宅設備の一つとなるが犯罪対策の一つとして鍵が…

目的

kansi

監視カメラの目的は多く、防犯、防災、計測、記録などがある。監視カメラは…